現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

柘植 厨子 釈迦三尊(十三仏) 16cm

十三仏(じゅうさんぶつ)は、冥界の審理に関わる十三の仏陀・菩薩で、最も身近で、この世に生きる者のお守り本尊として、古くから信仰されてきました。

また十三回の追善供養(初七日~三十三回忌)をそれぞれ司る仏様でもあり、年忌の際には必ず御本尊として拝まれています。

十三の仏とは、閻魔王を初めとする冥途の裁判官である十王と、その後の審理(七回忌・十三回忌・三十三回忌)を司る裁判官の本地とされる仏です。
それぞれに違った徳(特性、役割)を持ち、それぞれの働きを以て一切衆生を救済されると言われています。
第1番 初七日 【不動明王】
亡者の未練を右手の剣で断ち切り、左手の絹索で導く。 迷いを断ち切り、悪障を焼尽し、心願成就へ向かわせる。
第2番 二七日 【釈迦如来】
無常の理を説き、不安を除く。 道理を示し、不安を除く。
第3番 三七日 【文殊菩薩】
釈迦の説法を生かす智慧を説く。 命を生かす知恵を授ける。「智の菩薩」。
第4番 四七日 【普賢菩薩】
文殊の智慧を生かす行を説く。 命を生かす活動を助ける。「行の菩薩」。
第5番 五七日 【地蔵菩薩】
閻魔王の裁きの時。亡者を救済する。 ぬくもりの菩薩。特に子どもを守る。
第6番 六七日  【弥勒菩薩】
第二の釈迦として説法を引き継ぐ。 心を落ち着かせ、正しい判断を助ける。「定の菩薩」。
第7番 七七日 【薬師如来】
満中陰。新たな身を授ける。 身体の健康を守る。
第8番  百ヶ日 【観世音菩薩】
阿弥陀の脇侍として、亡者を蓮の台にすくい上げる。 やさしさを授け、慈悲の活動を助ける。「慈悲の菩薩」。
第9番  一周忌 【勢至菩薩】
阿弥陀の脇侍として、亡者を先導する。 仏の智慧を授ける。
第10番  三回忌 【阿弥陀如来】
極楽の教主として、亡者を教化する。 安らぎの世界(浄土)を示し、安らかな暮らしを導く。
第11番  七回忌 【阿しゅく如来】
新たな命に向け、堅固な意志(金剛)を授ける。 迷いに打ち勝つ強い心を授ける。
第12番  十三回忌 【大日如来】
宇宙の根本教主として、一切の衆生を見守る。
第13番  三十三回忌 【虚空蔵菩薩】
安らぎを与え、「菩薩(完成された人格)」として生かしめる。 大空の心を授け、理想の姿を示す。
より大きくて多くの写真を
ご覧になりたい方は【こちら】から
商品コード zushibutsu-3-UN
価格 完売御礼。
仏像の特注希望の場合はお問い合わせ下さい。
材質 柘植/黄楊(ツゲ)
サイズ ■開帳時:高15.5×幅14×奥7cm
■閉じた状態:高15.5×幅7×奥7cm
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
お電話でも注文可能です。
【ご注意】
弊社の在庫は実店舗、または卸販売と併用している為、ご注文頂いた商品が売約済みとなっている場合がございます。
その際は、ご注文確認後にメール等でご連絡する場合がありますので、ご了承下さい。

この商品について問い合わせ