現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

【特別プライス】柳杉 高砂 翁(シテ)51cm 嫗(ツレ)46.5cm

柳杉(やなぎすぎ・リュウスギ)から彫り上げられた 高砂 翁(シテ)・嫗(ツレ) です。

【柳杉】
柳杉(やなぎすぎ・リュウスギ)は、日本の杉を中国に植林したもので、日本の杉と性質はほぼ同じです。
特徴としては、非常に軽軟で軽く扱い易い羽目板です。
心材部分の赤と辺材部分の白のコントラストが強く木材らしさを強調しウッディな雰囲気を醸し出します。

【高砂】
高砂(たかさご)は、能の作品の一つで、相生の松によせて夫婦愛と長寿を愛で、人世を言祝ぐ大変めでたい能でです。

挙式や披露宴会場では、新郎新婦が座る席で高砂席は一段高い場所に設けられ、一番おめでたい席となります。

老松の精が相生「相(あい)ともに生まれ、生きて老いるまで」の老夫婦になって現れたという故事にならった能楽曲で、国と民の繁栄を主題とし、その一部は婚礼などの祝儀で謡われます。

離れていても夫婦であるとの伝説を説き、松の永遠、夫婦相老の仲睦まじさを述べる。

また、人生でいかなる困難があっても、人は元の姿に必ず戻っていく(つまり、めでたいところに納まる)といった意味もあります。

「高砂や、この浦舟に帆を上げて。この浦舟に帆を上げて、月もろともに出で汐の、波の淡路の島蔭や遠く鳴尾の沖過ぎて、はや住の江に着きにけり、はや住の江に着きにけり」

翁:シテ 嫗:ツレ

~物語~
九州阿蘇宮の神官(ワキ)が播磨の国、高砂の浦にやってきた。
春風駘蕩とする浦には松が美しい。遠く鐘の音も聞こえる。
そこに老夫婦(シテとツレ)が来て、木陰を掃き清める。
老人は古今和歌集の仮名序を引用して、高砂の松と住吉の松とは相生の松、離れていても夫婦であるとの伝説を説き、松の永遠、夫婦相老(相生にかけている)の仲睦まじさを述べる。
命あるものは全て、いや自然の全ては和歌の道に心を寄せるという。
ここで老夫婦は自分達は高砂・住吉の松の精である事を打ち明け、小舟に乗り追風をはらんで消えて行く。

※一部修理をしている箇所がございます。写真にてご判断ください。

より大きくて多くの写真を
ご覧になりたい方は【こちら】から
木目や彫の微妙に違う同商品がございます【こちら】から
商品コード EY-5-4
価格 完売御礼。
仏像の特注希望の場合はお問い合わせ下さい。
材質 柳杉(やなぎすぎ・リュウスギ)
サイズ ■翁(シテ):高51×幅24×奥15.5cm
■嫗(ツレ):高46.5×幅19×奥11.5cm
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
お電話でも注文可能です。
【ご注意】
弊社の在庫は実店舗、または卸販売と併用している為、ご注文頂いた商品が売約済みとなっている場合がございます。
その際は、ご注文確認後にメール等でご連絡する場合がありますので、ご了承下さい。

この商品について問い合わせ

【特別プライス】柳杉 高砂 翁(シテ)51cm 嫗(ツレ)47cm

木目や彫の微妙に違う同商品がございます【こちら】から