現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

楠 役行者 小角 (前鬼・後鬼) 35cm

楠から手彫りで彫り上げられた 役行者像 です。

【役行者】
役 小角(えん の おづの /おづぬ /おつの)は、飛鳥時代から奈良時代の呪術者です。
実在の人物で、天河大弁財天社や大峯山龍泉寺など多くの修験道の霊場に、役行者を開祖としていたり、修行の地としたという伝承があります。
役行者は、鬼神を使役できるほどの法力を持っていたといいます。

【前鬼・後鬼】
前鬼・後鬼(ぜんき・ごき)は、修験道の開祖である役小角が従えていたとされる夫婦の鬼。前鬼が夫、後鬼が妻。

名は善童鬼(ぜんどうき)と妙童鬼(みょうどうき)とも称し、前鬼の名は義覚(ぎかく)または義学(ぎがく)、後鬼の名は義玄(ぎげん)または義賢(ぎけん)ともいいます。
役小角の式神であったともいい、役小角の弟子とされる義覚・義玄と同一視されることもあります。

夫の前鬼は陰陽の陽を表す赤鬼で鉄斧を手にし、その名の通り役小角の前を進み道を切り開く。
妻の後鬼は、陰を表す青鬼(青緑にも描かれる)で、理水(霊力のある水)が入った水瓶を手にし、種を入れた笈を背負っていることが多い。

※木目・彫の微妙な違いはありますが、在庫がいくらかございます。お求めの方は、ご相談ください。

より大きくて多くの写真を
ご覧になりたい方は【こちら】から
商品コード gyouzya7-2-UNS
販売価格(税込) 160,000円
材質 楠/樟(クス)
サイズ 高35×幅25×奥20cm(台座を含む)
個数
カートに商品を入れて買い物を続ける すぐに購入画面へ
お電話でも注文可能です。
【ご注意】
弊社の在庫は実店舗、または卸販売と併用している為、ご注文頂いた商品が売約済みとなっている場合がございます。
その際は、ご注文確認後にメール等でご連絡する場合がありますので、ご了承下さい。

この商品について問い合わせ